2019年11月5日火曜日

SEVEN BRIDGE ご参加へのQ&A


SEVEN BRIDGEへのご参加をご検討いただいている皆さまのために、簡単なQ&Aを作成してみました。

Q: そもそも SEVEN BRIDGE って何なの?
A: 1/6サイズ専門のセレクトショップです。いろんな作家さまの1/6サイズの作品を購入できるWEBSHOPがあればいいなという個人的な妄想からスタートしました。特に最近元気がないと感じている27cmドールの世界が、もう一度盛り上がればいいなという願いも込めています。

Q: 1/6サイズなら何でもいいの?
A: 作家さまのオリジナル作品であれば、基本的に何でもいいです。ただ、お洋服に関しては今のところ27cmドール用に限定させていただいています。また、ご参加には事前に作品をお見せいただきますので、ご了承くださいませ。

Q: メガネに似合う作品ではありません。
A: アイウェアに似合うかどうかは、全く考慮いただく必要はありません。

Q: 作品は何で買い取りなの?
A: SEVEN BRIDGE で取り扱う作品は、自信を持って皆さまにお届けできるものとしたいという想いがあるからです。云わば買い取りのリスクは、その覚悟でもあります。

Q: 価格や数量,納期はどうやって決めるの?
A: すべて相談して決めさせていただきます。基本的には作家様のご都合・ご意見を最優先させていただきます。但し、販売価格については、ご要望をお聞きした上で最終的にはこちらで決定させていただきますことをご了承ください。

Q: それほど多くの数をつくることができません。
A: もちろん、1点だけでもOKです。逆に「3,000円のお洋服を100着納入させてください」とお申し出いただいても困ります。勘弁してください。破産します。

Q: 参加するのに固定費用はかかるの?
A: 当面、システム利用料のようなものをいただくことは考えていません。SEVEN BRIDGEの決済にかかる手数料や梱包費用は納入価格と販売価格の差額で補填します。

Q: 何でそんな儲からないことをわざわざするの?
A: 特に経営者の方からよく質問を受けるのですが、当初からこれで儲けることは想定していません。自分のWEBSHOPをみんなで共有しちゃえばいいじゃんという考えです。正直なところ、維持できていければそれでよしと思っています。

Q: 自分自身でもネットで販売しているんですが。
A: それでもご参加歓迎です。もちろん、ご自身での販売価格=SEVEN BRIDGEの納入価格となることもあると思います。その際にはそれぞれの販売価格に差が出ますが、それは当然のことです。そして、ネット販売って実は手間がかかるんですよね。作家さまのその手間をSEVEN BRIDGEで軽減いただければ、作品づくりの時間を増やしていただけるというメリットもあろうかと考えています。

まだまだ充分網羅されていないとは思いますが、ご参考にしていただければ幸いです。

そして、私たちと一緒に1/6ワールドを盛り上げていただける作家さま、どうぞ下記のお申し込みフォームからお気軽にご連絡くださいませ!



2019年10月7日月曜日

SEVEN BRIDGEへのご参加作家様募集!



お待たせいたしました!(してない?)
1/6サイズのセレクトショップ「SEVEN BRIDGE」にご参加いただける作家様の募集を開始させていただきたく思います。

ご応募方法は、後述のご参加申し込みフォームに必要事項をご記入いただき、送信いただければ結構です。追って、ご返信を申し上げます。
とりあえず、お気軽にお申込みいただけるように簡単な内容のフォームになっております。お申込みをいただいたからといって「途中で辞めることはできません」とか、そういう縛りは一切ございませんので、どうぞご安心ください。条件などをご相談させていただいた上で、お互いに同意が得られない場合はもちろんご辞退OKです。

先のブログ記事でも書かせていただきましたが、当初は多くとも3組ほどから開始させていただきたいと考えています(もちろん、そんなにご応募があることが前提ですが…)。
実際に運営をしてみて、大きな問題がなければ徐々に多くの作家様にご参加いただけるようにしたく思います。どうぞご了承いただけますようお願いいたします。


お申込みいただく際にご理解いただきたいこと

SEVEN BRIDGEはセレクトショップです。ショップ・コンセプトは「接写に応える素敵な作品」です。もちろん、おぼろげながらテーマ・イメージも持っています。
ですので、作品によっては販売を断念させていただく場合があることをご理解くださいませ。

取引条件はご参加の作家様と相談の上で決めさせていただきますが、基本的には以下の条件となります。

・作品は1/6スケールのサイズに限定します
・お洋服の場合は、27cmドールサイズに限定させていただきます
・納入いただく作品は買い取りです(委託販売ではありません)
・納入価格は基本的に作家様でお決めいただいて構いません
・販売価格はご希望を充分に配慮しつつ、最終的には当方で決定させていただきます
・納入数(注文数)と納入時期は相談の上で決めさせてください

自ブランドのWEBSHOPをお持ちの場合でも、ご参加大歓迎です!


まずはお気軽にお申込みくださいませ

以下にご参加申し込みフォームをご用意しておりますので、どうぞお気軽にお申込みください。ご参加へ話し合いのスタートがこのフォームです。

SEVEN BRIDGE ご参加申し込みフォーム

是非、私たちと一緒に1/6サイズの世界を楽しく盛り上げていただけると嬉しく思います。多数の皆さまのご参加をお待ちしております。

2019年9月29日日曜日

10月よりSEVEN BRIDGEへのご参加を募ります


さて、ついに10月より「SEVEN BRIDGE」にご参加いただける作家さまの募集を開始したいと思います。

「SEVEN BRIDGE」は、1/6サイズの小物やお洋服などをつくっていらっしゃる作家さまと、1/6を愛して止まない皆さまの橋渡しのお手伝いができればという想いから、ゆるゆると準備を進めてまいりました。

1/6サイズのセレクトショップとして、作家さまとお客さまのどちらにも喜んでいただけるような、そんなWEBSHOPにしていきたいと考えております。


骨子はこんな感じ

ご参加いただける作家さまと相談の上で、作品,数量,価格,納入時期などを決めさせていただく訳ですが、基本的には以下のようにしたく考えております。

・納入いただく作品は買い取りです(委託販売ではありません)
・納入価格は基本的に作家さまでお決めいただいて構いません
・販売価格はご希望を十分に配慮しつつ最終的には当方で決めさせていただきます
・納入数と納入時期は相談の上で決めさせてください

WEBSHOPでの販売・出荷はこちらで行わせていただきますので、作家さまにはその分、作品づくりのために時間をお使いいただけると思っております。
もちろん、既に自ブランドのWEBSHOPを運営されている方でもご参加大歓迎です。SEVEN BRIDGEと併用していただければと嬉しく思います。


買う側も嬉しい

SEVEN BRIDGEではクレジットカードやコンビニ払いなどの便利なお支払い方法をご用意しました。また、ご参加のいろんな作家さまの作品を一括して購入できるという点も見逃せない点だと思います。

当初はなかなかご参加いただける作家さまの数も多くないとは思うのですが、少しづつでも皆さまにご活用・ご愛用いただけるようなWEBSHOPにしていけたらいいなと思っています。


当初は3組程度から

実際にやってみて初めてわかることも出てくると思いますので、最初は3組ほどで開始したいと考えています。そこから課題や問題点を改善しつつ、徐々にご参加いただける作家さまが増えていくといいな…なんて、勝手な妄想をしております。
そう、もしかしたら1組もご参加のお申し出がないんじゃないかと、少々弱気な不安もあることは事実なのですが…(汗


詳しいご案内は後日

来月になりますが、あらためてこのブログで詳しい案内とご応募方法のアナウンスをさせていただきます。その際には、どうぞお気軽にご応募いただければ有難いです。
また、もしご応募が多数となりました場合には、充分な検討を行いました上で、初回にご参加いただく方を絞らせていただきますので、あらかじめご了承くださいませ。

2019年9月16日月曜日

たくさんのご来店ありがとうございました


2019年9月14日 23:50、もう数年ぶりのアイウェア販売をさせていただく運びとなりました。
前回の販売を終えてから、永らくは活動そのものも休止状態となっておりましたのに、多くの皆さまに励ましていただきつつ、今回の復活につながりましたことは、本当に嬉しく思っております。支えていただきました皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。
お求めいただきました皆さまには、順次お届けしていきますので、今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。


そして「SEVEN BRIDGE」の始動。

そしてこの日は、新しいコンセプトで出発した「SEVEN BRIDGE」のスタートの日となりました。
以前のWEBSHOP「七星エンヂニヤリングONLINE」を全面改装(というか、ほとんど原形がないほど刷新)してから初めての販売ということもあって、不安な要素がたっぷりでございましたので、自前のアイウェアのみの販売、しかも少量という、何とも小規模なスタートとなりました。

まぁでも、やはりやってみて見つかる問題や課題もあるわけでして、この規模でスタートにして助かったなと感じているところも正直あります。注文後の対応時間があまり取れないこともわかってましたしね。

先ずは前に進むっていうことが、やっぱり大切ですね。
こんなですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

2019年9月8日日曜日

アイウェアの販売を行います


お待たせしました。

2019年9月14日(土) 23:50。
WEBSHOPにてアイウェアの販売を行わせていただきます。

今回はかなりのブランクがあったこともあり、
半ば試験的な意味合いも含めて販売数は少しだけにさせていただきます。
云わば、リハビリのようなものですね。

その後には、近いうちにさらに続けて販売を考えていますので、
併せてお願いいたします!





2019年5月10日金曜日

SEVEN BRIDGEへの想い~ [その6] やっぱり愛おしい1/6サイズ


今、準備を進めているWEBSHOP「SEVEN BRIDGE」は、1/6サイズ小物のセレクトショップを目指しています。
準備も徐々に整いつつある今、実は運営上の最大の課題に直面していることを、もうお気づきでしょうか?


妄想をカタチにするということ

「こんなのあったらいいのにな…」という妄想が実際にカタチになる。これほど嬉しいことはありませんが、なかなかそうならないのが世の常です。なので、私を含めて大抵は途中でくじけてしまいます。

ですが、ドール界だけで見ても、とんでもない妄想を実現させてしまった事例ってたくさんあって、そのパワーと諦めの悪さ(いい意味で!)には本当に驚かされます。
それらの妄想と比べれば、私のこの妄想など全く持ってスケールが小さいので、比較対象にすらなりませんが、それでも、実現できるかどうかは未だ見えていません。

そう、ひとつ大きな点が解決していないのです。


お気づきいただけたでしょうか?

このセレクトショップが成立するためには、買い手と売り手が必要です。
もう一度言います。「買い手」と「売り手」です。

「買い手」は潜在的にもあることは明確です。きっとほぼ問題ないと思っています。

問題は「売り手」です。このセレクトショップにご賛同いただける作家様がいなければ、そもそも成立しないという根本的な部分が、現時点で空っぽという恐ろしい事実です。
このままでは七星なんたらとかいう場末の小さな眼鏡屋のWEBSHOPが、ちょっと便利になったなぁ…というだけに終わってしまうのです。
怖いことです。


1/6サイズの世界がもっと盛り上がりますように

ドールやミニチュアの世界のサイズの多様化が進み、それに伴い新しい楽しみ方もどんどん生まれてきました。最近は1/12サイズの人気も高く、ドールハウスをはじめとする同スケールの小物・大物類が多数あることから、表現方法も多彩となりましたしね。

1/6サイズの小物といえば、かつてはリーメントさんの商品が主流でしたが、今はいろんな作家様が素晴らしい小物をたくさん生み出されています。また、同様にお洋服についても、特にmomokoの登場以降は本当に魅力的なお洋服がたくさんの作家様の手から生まれています。

とはいえ、前述のサイズの多様化の影響か、やっぱり1/6サイズはかつてほどの元気がないように思います。特に27cmはほとんど寂しい状態です。

でも、1/6サイズって、とっても愛おしいサイズだと思うんですよね。小物やお洋服を手の平に乗せたときの、このキュンとくる胸の感じは、他のサイズにはないと思うんです。

ですから、SEVEN BRIDGEを通じて、少しでも1/6サイズや27cmを盛り上げることができれば嬉しいなぁって思うんです。大きなことはもちろんできないですが、今でも1/6サイズを愛してくれている作家様とユーザー様の架け橋になれたら、その時がこの妄想が実現した時ですね。

さて、ご賛同いただける作家様はいらっしゃるんでしょうか?
今後をお見逃しなく!

2019年5月9日木曜日

SEVEN BRIDGEへの想い~ [その5] 本当にいいものをお届けするために


今、準備を進めているWEBSHOP「SEVEN BRIDGE」は、1/6サイズ小物のセレクトショップを目指しています。
今回は、なぜ“セレクトショップ”という形を取ることにしたのか、そのこだわりをお話しします。


自信を持ってお届けする気持ち

正直なところ、作品に込めた想いというものは、作者様のそれを超えることはできません。例え、大ファンであったとしてもです。

ただ、だからといって、とにかくショップに掲載して、注文が入ったら出荷して、はいお終い。というのも、ちょっと違うように思うのです。作者様には及ばなくても、その魅力を自信を持ってお薦めできなければ、お届けする側として失礼なのではないかと。

そこでまず、自分が「素敵!」「欲しい!」と思えるようなものだけに厳選させていただきたいと考えました。勝手なモノサシで決めることが果たしていいのかどうか、当初はかなり悩みましたが、作家様の想いが詰まった作品をお届けするという点を、最も大切にしたいと強く思うようになりました。


そして、WEBSHOPだからこそ

もうひとつの理由があります。それはWEBSHOPだからです。

リアル店舗と異なり、WEBSHOPでは現品を見て(手にして)買うことができません。写真や説明をもとに買うことを決めなければなりません。
一般的な工業製品でれば、他の方のレビューなども参考にすることができますが、作家様のハンドメイドなどになると、それこそ1点モノとなってしまい、参考にするものがありません。

そこで、その指針としてのSEVEN BRIDGEになれないかと考えました。「ここで売っているのだから、先ずは安心」と思っていただけるような、そんなショップにしたいのです。
これを実現する方法として、自然にセレクトショップという形態に向かいました。


だから、買い取り制度を採用します

SEVEN BRIDGEでは、作家様の作品を買い取った上で販売を行います。買い取り価格や販売価格、販売数量は作家様とご相談の上で決定します。

これについては、経営感覚のある多くの方から厳しいご意見やご助言をいただきました。「何故そんなリスクを選ぶのか」という内容のものがほとんどでした。
もちろん、リスクを回避するには、委託販売的な売り方のほうが良いこともわかっています。しかし、このリスクこそがお客様へのお薦めの自信であり、真剣な気持ちだと考えています。

もっと云えば、作家様と作り上げるショップという感覚なのです。


■ [その6] やっぱり愛おしい1/6サイズ >>


ホームページを移転しました


この度、ドメイン取得につき、ホームページを移転しました。
今後とも、どうぞご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

なお、看板写真には「nico/竜田」様の七星子ちゃんを使わせていただきました! 可愛い~!

新URL: https://7stars.work

2019年5月8日水曜日

SEVEN BRIDGEへの想い~ [その4] ユーザー様と作家様の架け橋として


今、準備を進めているWEBSHOP「SEVEN BRIDGE」は、1/6サイズ小物のセレクトショップを目指しています。
今回はここまでに至るお話の4回目。もし、よろしければもう少しだけお付き合いくださいませ。


ユーザー様も、作家様も、どっちも幸せに

ここまで来て、もうこれは自分に与えられた使命ではないかと思うようになりました。というか、自分の今まで培ったWEBSHOP運営の経験や知識を、今まで七星の活動を支えていただいた本当に多くの皆さまに、少しでも還元できるいい機会じゃないかと思ったわけです。

作り手も買い手も嬉しい。そんなショップが本当に実現できたなら、どんなにいいことでしょう。誰も無理せず、悲しまず、幸せになれる。このショップにはそんな可能性があります。

ショップのコンセプトは定まりました。


作り手と買い手の架け橋になる

実はこの考え方の根本は、七星エンヂニヤリングの誕生と同じところにあります。

私はWEBSHOPの運営以前は、商品の企画・開発の仕事に携わっていました。日本の町工場には優れた技術力がたくさんあって、その技術を使って目線を変えたら、面白いモノが生み出せるのではないかと常々考えていました。それを業務としてではなく、個人の趣味領域で始めたのがミニチュア・アイウェアの製作でした。

「作り手」と「買い手」を繋ぐ架け橋のような存在のショップにしたいという想いから「BRIDGE」というワードを。また、七星の「七」と27cmへの想いの「7」を込めて「SEVEN」を頭につけ、ショップ名を「SEVEN BRIDGE」という名前にしました。


余計なお世話?

そういう気がしないでもなかったのは事実ですが、とりあえずやってみようと。やってみて、やってみて、それでもダメなら辞めようと。もっといい方法が見つかったら方向転換しようと。

今の時点でやめたほうがいいって思える理由なんて、両手両足で数えても足りないくらい、考えればどんどん出てくるわけですが、いくら頭で考えたってやってみた結果に勝るものはないわけですし、逆に綿密な計画を立てたところで所詮その通りに物事が進むことなんてありません。

ほら、やらない理由なんて、ないじゃないですか。
ああ、バカに生まれてよかった。


■ [その5] 本当にいいものをお届けするために >>

2019年5月7日火曜日

SEVEN BRIDGEへの想い~ [その3] 作家様にもメリットを


今、準備を進めているWEBSHOP「SEVEN BRIDGE」は、1/6サイズ小物のセレクトショップを目指しています。
今回は、私がこのショップをつくろうと思った、残りもう1つのポイントのお話です。



WEBSHOPって、結構しんどい

ディーラー活動されている作家様たちがWEB上で作品を販売する場合、ヤフオクやminneなどのサービスを利用していたり、独自にWEBSHOPを持っていらっしゃったりしますよね。

私、本業として永らくWEBSHOPの仕事をしておりますが、WEBSHOPって想像以上に手間がかかるものなのです(断言)。

そんな手間のかかることをわざわざ本業にしている私のような変態は別として、いやいや、作家様が個人レベルで対応するのって本当に大変だと思います。
買っていただける方とのダイレクト感とか、自ブランドのお店を持つ喜びとか、確かに良い面もたくさんたくさんあるのですが、作品数が多くなればなるほど、その準備とか、注文対応とか、入金確認とか、梱包作業とか、発送作業とか、発送上のトラブル対応とか、地味にいろんなことに結構な時間を割いている訳です。

発送の連絡のtweetとか見ると、もう頭の下がる想いです。


貴重なお時間を、もっと作品づくりに

作家様の中には、WEB販売での手間を減らしたいと思っている方もいらっしゃるでしょう。あるいは、そういうやり方もよくわからないので、イベントなどの対面でのみ販売されているという方もいらっしゃる気がします。

もし、そんな作家様のお手間を少しだけでも減らすことができたら…という考えがありました。自分自身も制限のある限られた時間の中で、作品づくりとWEB販売のやりくりに苦労した経験があるからです。

日頃は自ブランドのWEBSHOPで販売しているけれど、イベント後の少しの商品だけは手間をかけずにWEB販売したいとか、そういう需要もあるように思うんです。
そうすれば、作品づくりや他のことを行う時間を増やせるようになりますものね。


支払い方法の呪縛

もう一点、支払い方法について。

本来なら、WEBSHOPはたくさんの支払い方法を用意できるのが理想です。
しかしながら、カートシステムによっては、クレジットカードなどを利用できるようにするには別途手続きが必要になります。月々の契約料も必要ですし、手数料も差し引かれることを考えると、個人が契約してまで導入するメリットが薄く、私同様ほとんどの方は導入を見送ると思います。


じゃあ、それもやれるようにしちゃえばいいじゃん

それが私の単純脳が導き出した、とてもシンプルな結論でした。
作家様にも便利にお使いいただけるWEBSHOPをつくればいいんだと。

確かに費用はかかるけど、運営が続けられるだけの利益を確保する程度であれば、何とかなっちゃうんじゃないかと思ったわけです。

ただ、この時点では細かいことを全く考えていませんでした。
運営上の悩ましい課題が襲ってくることを、まだ知らなかったのです。


■ [その4] ユーザー様と作家様の架け橋として >>

SEVEN BRIDGEへの想い~ [その2] どんなショップが便利なんだろう?


今、準備を進めているWEBSHOP「SEVEN BRIDGE」は、1/6サイズ小物のセレクトショップを目指しています。
まるで思いつきのようなスタートではありましたが、完成形のイメージは当初からほぼ出来上がっていましたし、私が食事の場で打ち明けた妄想には、あと2つのポイントがありました。今回はそのうちの1つをお話しします。


買い手としての勝手な願い

私、作り手でもありますが、その前に買い手でもあります。
今や多くの作家様が、素敵な作品をつくられ、そしてWEB上で販売されています。皆さまの素敵なWEBSHOPで作品を購入させていただけるのは、本当に嬉しいことです。
インターネットよ、ありがとう。

ですが、できればあちこちのWEBSHOPの商品を1つのカートに入れて、まとめて買えればいいのになー、なんて、ちょっと思うこともあるのです。すごく欲しい作家様が2名、同じ日の同じ時間に発売開始とか、どうかありませんようにって願ったりします。
あと、情報収集を怠ると痛い目に遭いますよね。気が付くと発売期間が終わってたとか。

もうひとつは支払いです。
七星エンヂニヤリングONLINE もそうでしたが、お支払い方法は銀行振込のみにさせていただいていました。せっかくWEB上で注文が完了するのに、その場で決済が完了しないのです。[その3] ぐらいで書こうと思いますが、個人ディーラーレベルでは、クレジットカード決済やコンビニ決済の導入は、なかなかハードルが高くて踏み切れないのが実状です。


ちょっと話が逸れますが…

皆さんがよくお使いだと思うものに「楽天」と「Amazon」がありますよね。
それぞれ、いろんなお店の品物をまとめて買えるという点では同じなのですが、基本的なスタイルが全く異なっています。
大型ショッピングモールに置き換えて説明しますね。「AE〇Nと120の専門店」みたいな。

「楽天」は、大型ショッピングモールの専門店側のイメージです。基本の形はあるけれど、それぞれが自分の特色のあるお店づくりをしています。リアル店舗と異なるのは、専門店ではそれぞれのお店でレジ(清算)を行いますが、楽天ではそれもまとめて一度に支払えるという点です。

比べて「Amazon」はAE〇Nなんかの母体側のイメージです。お店はすでに作られていて、その棚に自分の商品を並べて売らせてもらう的な。なので、全く同じ商品なのに値札が異なるなんていう事態が多々発生しますし、何より母体が大量に仕入れて安く売るという出品者泣かせのシステムになっているのが特徴です。


えぇっと、何でしたっけ?

そうそう、結論として「1/6サイズの小物がいっぱい揃ったWEBSHOPがあれば楽しいのにな」ということです。しかも、便利な支払い方法、少なくともクレジットカード決済と前払いのコンビニ決済ぐらいはあって使えて欲しい。
かといって、楽天やAmazonのようなシステムを構築する気はもちろんありません。目指すのは「便利な1/6専門店」です。

ここに来れば、いろんな作家様の作品をチョイスして買えて、まとめて届いて、送料も浮く。また、お目当ての作家さんの作品発売日時も、ここをチェックしていればわかる。そんなドール者だけが得する、便利なショップがひとつぐらいあってもいいと思うんです。

そして、できれば27cmのお洋服が充実しているような…。


■ [その3] 作家様にもメリットを >>

2019年5月6日月曜日

SEVEN BRIDGEへの想い~ [その1] 27cmって元気なくない?


今、準備を進めているWEBSHOP「SEVEN BRIDGE」は、1/6サイズ小物のセレクトショップを目指しています。
なぜ、そういうショップを作ろうと思ったのか、この機会に何回かに分けて少しづつお話させていただければと思います。


どうも最近、27cmに元気がない気がする

私、27cmドールが大好きなのです。というか、スタートがジェニーのスーパーアクションボディーなので、27cmへの想い入れが強いのです。
その27cmの世界そのものが、ちょっと元気がないというか、なんとなく危機感というか、そんな漠然としたものが自分の中に生まれていました。
業界関係者の方に実際に話を訊いても、27cmは動かない(=売れない)という声があり、縮小ムードがどんどん広がっているようにも感じました。

確かに、27cmのお洋服を買おうと思っても、それほど選択肢はなく、自分自身が服難民であったわけですが、本当に自分だけだろうか?実は隠れた服難民がいっぱいいるんじゃないか?と、ふと思ったわけです。
青空が高い、ある天気のいい日のことでした。


服難民は自分だけ!?

コンビニの駐車場にクルマを停め、私はスマホからツイートしました。「服難民なのは自分だけでしょうか」の問いかけに、意外にも「私も」的な多くの反応が。

そうか、自分だけじゃなかったんだ…という気持ちとともに、27cmのお洋服が選んで買える、そんな夢のようなお店はないものか…と、流れる雲を見ながら缶コーヒーを飲んでいたのを覚えています。


あ、つくればいいんだ!

短絡的思考の私らしく、それからほどなく「無いなら自分でつくるしかないな」と思うようになっていました。ここで「つくる」の主語が「お洋服」ではなく「ショップ」というところが馬鹿だと自分でも感心してしまうわけですが。

後日、私が尊敬するドール者の方と一緒にお食事をする機会をいただき(というか、無理やりお誘いしたわけですが)、ズバリ頭の中の妄想をすべて打ち明け、「そんなショップ、あれば欲しいですか?」と投げかけさせていただきました。
その方は「欲しいです!」と目を輝かせて答えてくれました。

じゃあ、つくろう。
非具体的な妄想が、新しい扉を開けた瞬間でした。


■ [その2] どんなショップが便利なんだろう? >>

Instagramを始めました(今さら)


あんまり大したことじゃないんですが、今さらながら、Instagram を始めました。

先日、知人の紹介で、オープンしたてのある寿司屋さんに行ったんですが、そのお寿司屋さんが Instagram してたんですよね。というか、ホームページも持たず、SNSもInstagramのみ。
店長の若い板さんの「これからはやっぱ、インスタですよ」という言葉が心に刺さったままだったので、この機会にやってみるかと思ってみた次第。

まだ使い方すらよくわかっていませんが、新しいコト始めるのは何だか楽しい。

・七星エンヂニヤリングのInstagram: nanahoshi.eng



2019年3月6日水曜日

次回販売の4モデルが完成しました


活動再開後の最初の販売モデルが完成しました。
デザインはかなりストレートに“作りたかった”ものになっています。
最初のカラーは、考えに考えて、やっぱり可愛い赤色で。
皆さまに気に入っていただけると嬉しいのですが…。